Aim Green Forum » Welcome to Aim Green Forums

シールカットの芸術

(1 post)
  • Started 1 day ago by yoyiyi01
  1. yoyiyi01
    Member

    シールカットの芸術

    シールは、明、清王朝で栄え、商、興ゆう秦と漢王朝に始まった。はんこ個人的なスタイルに焦点を当てた成果で学校への明•清王朝後の時代の様式の彫刻、手短に言えば、宋元の鑑賞、。彫刻美術鑑賞の前提として、私たちは "理解しやすい、上流の起源"ルールに従ってください。我々は、表面から、銀行印彫刻芸術を鑑賞、視覚的な雰囲気は明るいレッドゴールドプリントです。しかし、コンテンツや起源が豊富で、それはインドの学習科学の中国の書道の集中式であり、特殊材料、特殊Zhaozhaoことにより、その後の栽培が高い伝統的な芸術的成果を持っており、インドがメインとして動作することを学ぶこのフォームは、純粋に審美的な動作になります。

    シールの表面を介して、中国の芸術家の美的精神と美学を反映して深遠な感情、中国の芸術の魂の放射である。古代中国のテキストの識別から開始し、まず、理解しやすい、いわゆる具体的に識別シールの文字フォント、構造体は、感謝を向上させるために陶器のパターンZhaozhao三脚ブロンズ趙趙秦レンガタイル、古代ユイシーのシール趙趙竹Zhaozhaoの碑文などを観察する美術鑑賞に関心を養うための知識の蓄積、。ので、シールの出現、美しい楽しいからではなく、有用なので、当初はなかった。印章殷から漢王朝の政治力の符号の交換証明書は、その機能は便利です。唐、宋王朝時代、風上昇のコレクションなので、チベット、インド、ベジタリアンホール別名、インドやその他のシールは審美的なフィールドの一つであると思われるサイン。

    明と清王朝に開発シール、会社印鑑形状が成熟していますが、彫刻や明代鵬の一部門とのシールではなく、アーティスト主導の職人の役割を果たし、自己シール自己刻まれた、芸術的創造のガントリーをスキップ詩のゆったりヒップ、通販印鑑書道、絵画は、1つに行くと刻まシールから直接作成するための操作で完了し、実用化からその後の変換の値の賞賛に自然の中で、石は純粋な芸術として私たちの能力に参加するために彫刻美学史インチ間違いなく、歴史のシールは、殷から始まり、プリント、印鑑開運学校の歴史は、明代、温鵬に始まりました。温鵬、中国の芸術の領域は、新しい独立した規律Zhaozhao印刷された学校だけで多くの旅を農業石シール、春の古代木のシールがあります。

    石は、芸術の領域に切り分けるので、実印作成その芸術的価値は、再生することが美しいです。自然の感謝の気持ちを持っている必要があります。パーティインドはこれを行うには、 "再生可能"する必要があります。 "再生可能"だけより "香り"を持っている。絵画は "ガス"、実印書体"集"は "味"に実装されている印刷されている、 "ビビッド"を求めています。具体的に刻まれた2つのプロセスがシールを実装し、我々は党のシールを感謝し、キルギス語、印刷物または目利きインドを気にしない、ハンコ通販自由な章または公印を気にしない、キーは次のとおりです。これらの印刷されたテキストの要素、組成物、ナイフ、理由このことは、作者の才能と栽培技術。

    Posted 1 day ago #

RSS feed for this topic

Reply

You must log in to post.